MENU

Oラインの自己処理はVIOの中でも最高難易度

「Oラインの処理」
と聞くと自分でムダ毛を処理することはとても難しいイメージが浮かびませんか?
OラインはVIOゾーンの中でも、直接自分の目で確認できない場所でもあることから処理すること自体が敬遠されがちです。
女性にとって
  • 水着や下着を着用したときに毛がはみ出していないか
  • 性行為時にパートナーの視線が気になる
  • パートナーによる指摘をされて以来、気になっている
など、Oラインの処理についての悩みが尽きません。
「自分で処理できるなら処理したい」と思っている方のために
Oラインの自己処理の情報を共有しましょう。

自己処理を行うなら電気シェーバー

Oラインの自己処理を行うときは電気シェーバーがおすすめです。
普通の電気シェーバーを用意するのではなく、肌に直接刃が当たらないように設計されたガードがついた電気シェーバーを選びましょう。

Oラインの自己処理を行うときの正しい手順
  1. 処理する部分を清潔にする。
  2. 処理を行う前に入浴するか赤ちゃん用のお尻拭きなどで清潔にされている状態にしてください。

  3. 蒸しタオルで皮膚の表面と毛を柔らかくする
  4. 毛や皮膚の表面はケラチンというタンパク質からできています。
    ケラチンは温めると柔らかくなる性質があるので処理する部分を蒸しタオルで5分ほど温めてください。
    ※入浴後で、肌が温かい場合は行わなくてよい手順です。

  5. 処理する姿勢を決める
  6. Oラインを処理するときの姿勢は2つあります。
    処理しやすい方法を選んでもかまいませんし。処理時に両方の方法を行っても構いません。
    • 卓上の鏡を床に置き、鏡に向かって体育すわりの状態から足を開いた状態で処理を行う
    • 鏡を床に寝かせ、上にまたがってしゃがんでください。足をなるべく外側に開くと処理しやすいです。

  7. 電気シェーバーを肌にぴったり当て、毛の流れに沿って処理する
  8. きれいに処理したいからといって、シェーバーを強く当てないでください。
    ガードがついているシェーバーでも肌を傷つけてしまう可能性があります。
    また、毛の流れに逆らって剃ることもやめてください。
    デリケートゾーンの肌質はとても繊細で敏感です。
    毛と一緒に肌も削られてしまう可能性があります。

  9. アフターケアを怠らない
  10. 処理を行ったあとは、肌はとても敏感になっています。
    濡れタオルで肌のほてりを取り、毛穴を引き締めてください。
    また、処理し終わったあとの肌は処理の摩擦により、乾燥しやすくなります。
    デリケートゾーンにも使える保湿剤を塗って、しっかりと保湿してください。

剃刀や毛抜きで処理しようと思えばできますが、Oラインはお尻周りの粘膜に近い部分です。
剃刀は安価で広範囲を簡単に処理することができますが、万が一肌を傷つけてしまったときにデリケートゾーンということもあり、傷の回復に時間がかかります。
毛抜きを使って自己処理を行うことは絶対にやめてください。
毛抜きは細かい毛を抜いてきれいに処理することができますがデリケートゾーンの肌はとても繊細で敏感です。
毛を毛根から引き抜いてしまうことで肌へのダメージは大きく、埋没毛になってしまう可能性が高いため毛抜きを使って処理を行うことはやめてください。

そして自己処理を行うときは面積の小さい水着や下着を着用するときなどのイベントの2〜3日前に行えましょう。
自己処理後の肌はとても敏感です。肌を休ませるようにしましょう。

Oラインの自己処理するときの有利性と欠点

Oラインの自己処理はサロンやクリニックに通うよりも安価で行えるメリットがあります。
しかし、メリットがあるということはデメリットもあります。
Oラインの自己処理時におけるメリット、デメリットを確認しておきましょう。

メリット
  • サロンやクリニックよりコストを抑えられる
  • 電気シェーバーは有名メーカーの商品でも3000円程度であり、脱毛サロンやクリニックに通うよりも費用を抑えることができます。

  • デリケートゾーンを他人にみられることがない
  • 自己処理する方法を知ってしまえばサロンやクリニックでOラインだけでなく他のデリケートゾーンを他人に見られることがありません。

デメリット
  • 剃り残しがおきやすい
  • Oラインは鏡越しにしか確認することしかできますん。また、お尻の肉に隠れているため、剃り残しが起こりやすい可能性があります。

  • 毛が伸びてきたときに肌がチクチクす る

  • Oラインだけでなく、どの部分でも処理してしばらくすると毛が伸びてきてチクチクしてきますよね。Oラインはお尻の肉が密接しているため、毛が皮膚に当たりやすく、チクチクする不快感は避けられません。

  • 自己処理を頻繁に行うことができない
  • 毛がまた伸びてきたり、チクチクする不快感を抑えるために頻繁に処理したいところです。
    しかし、頻繁に処理を行うことで肌に刺激を与え続けると肌の黒ずみができたり、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなります。

毛の量や生え方は個人によって大きく違います。
自分のOラインの毛がどのくらい生えているか、毛量はどれくらいか確認しつつメリット、デメリットを理解したうえで自己処理を行ってください。

最後に
Oラインの自己処理を行うときは準備を怠らず、順序を守るようにしましょう。
OラインはVIOゾーンと呼ばれるデリケートゾーンの中でも自己処理を行うこと自体が難しい部分です。
処理を行うこと自体に不安があるというのであれば費用や手間はかかりますが、脱毛サロンやクリニックに通うことも一つの手段です。
また、処理自体に慣れてきたからといって準備やアフターケアを怠ったり、順序を省いて処理を行えば取り返しのつかないことになり、自分の手には負えなくなることもあります。
自分の身を守ることも含めて、正しい自己処理を行いましょう。