MENU

VIO脱毛を考えているなら事前処理は必須

VIO脱毛を検討している方はサロンやクリニックで
施術を行う前のカウンセリングで事前処理をしてくるように言われます。

「事前処理と言われてもどこまでしていいのかわからない・・・。」
「今までVIOゾーンは自己処理してきたけど自己流の方法でいいの?」
とそんな疑問が浮かびますよね。

サロンやクリニックでVIO脱毛をするには事前処理が当たり前です。
脱毛してきれいになるためにも事前処理の正しい方法や処理時のおすすめのアイテムを確認していきましょう。

VIO脱毛するときの事前処理は全剃りすること

形を整えたいだけのVIO脱毛を考えている方は脱毛したい部分だけ自己処理を行えばいいですが、

ハイジニーナ(パイパン)にしたい方や毛量を減らしたいという方は全剃りしてください。

全剃りする理由
  • 火傷や肌トラブルのリスクを回避するため
脱毛サロンやクリニックで行われる施術は特殊な光やレーザーを使って脱毛を行います。特殊な光やレーザーは毛根のメラニン色素に反応して脱毛していきますが、
毛にもこのメラニン色素は含まれています。
むだな毛がある状態では光やレーザーのパワーが毛の方に分散されてしまいます。
光やレーザーの出力を上げると長い毛を伝って毛根がない皮膚にまで伝わり、火傷や肌トラブルのもとになってしまうのです。

  • 毛量を少なくするための脱毛には毛質を柔らかくする必要があるため
光やレーザーの照射をしていくことで毛の量を減らし、毛質が柔らかくなってきます。
しかし、脱毛期間中でも毛質が硬い新しい毛は生えてきます。せっかくVIO脱毛をしても全剃りをしなければ毛質がまばらで不自然になってしまいます。
「全剃り」することは必要不可欠なのです。


事前処理には電気シェーバーを使おう

事前処理で使うアイテムは電気シェーバーがおすすめです。
VIO脱毛を検討する前から自己処理をしている方はカミソリや毛抜きなどを使って自分の処理しやすい方法をされていたと思います。
しかし、VIO脱毛を行う場合での事前処理では電気シェーバーを使って処理を行ってください。
電気シェーバーを使う理由として最大の理由は肌への負担が少ないからです。

剃刀を使えば安価で広範囲、時間もかからず処理することができますが、カミソリ負けや肌を傷つけてしまう可能性があります。傷がある状態では脱毛の施術は受けられないので注意しましょう。
また毛抜きを使用して処理することもやめてください。
毛抜きで処理すると細かいところまで処理することができますが、毛根ごと引き抜いてしまいます。
光やレーザーで脱毛するときに反応する毛根がないと脱毛の効果がなくなってしまいます。

電気シェーバーは剃刀や毛抜きに比べると高価でコストがかかります。
しかし、脱毛をしっかり行ってきれいな体にするためにも肌への負担が少ない電気シェーバーを使って事前処理するようにしてください。

事前処理をするときの手順
Vライン、Iライン、Oラインによって処理の方法が異なります。
  • Vライン
  1. ハサミで1〜2cmの長さにカットする>
  2. いきなり電気シェーバーを当てると毛がシェーバーの刃と毛が絡むことがあります。

  3. 脱毛したい部分を電気シェーバーで剃っていく>
  4. 毛の流れに沿って、できるところまで短く処理してください。しかし、力を
    いれすぎて肌を傷つけてしまっては元も子もありません。時間をかけて丁寧
    に処理してください。

  5. 処理が終わったら保湿してください。
  6. いくら処理しやすい部分といってもデリケートゾーン。
    保湿して肌の乾燥を防ぎましょう。

  • Iライン
処理をする手順はVラインと同じです。
Vラインと比べると処理する難しさが違います。
Vラインに近い部分は体育座りで手鏡で角度を調整しながら処理するようにしましょう。
見えづらい部分は鏡を床においてまたぐように体勢をつくると処理しやすいです。

  • Oライン
手順はVライン、Iラインと同じです。
同じといってもOラインは完全に後ろの部分です。長い毛をハサミでカットするのが
限界だったり、鏡をおいてまたぐように処理しても背中に近いほうの部分は処理できないことがあります。
「処理しないと脱毛してくれないじゃん!」と悲観する必要はありません。
シェーバーを持参しなければいけなかったり、有料の場合がありますが多数のサロンでOラインに関してはシェービングをしてくれます。
各サロンによって対応が違うので施術前のカウンセリング時に確認するようにしましょう。

事前処理を行う手順を紹介しましたが実際に事前処理を行うのは脱毛の施術をうける2〜3日前に行ってください。
電気シェーバーがいくら肌に優しい設計でできていても毛を処理することは肌へのダメージは少なからずあります。
肌を休ませる意味で日にちをあけてください。

事前処理を失敗しないために
自分で処理したことがないという方や電気シェーバーではなく剃刀などで処理を行ってきたという方でも全剃りしたことはないという方が多いのではないのでしょうか。
処理する範囲が難しかったり、剃り残しがある可能性があります。
事前処理をする前にはサロンやクリニックでは必ずカウンセリングがあります。
カウンセリング時に事前処理するポイントや剃り残しの対応やOラインの処理についてなどを確認してVIO脱毛に備えましょう。