ワキ毛の思わぬデメリットについて

ワキ毛の思わぬデメリットについて

ワキ毛が生えていない人はほとんどいないかと思います。
ワキ毛は男女共通でしっかり生えるものですが、他の無駄毛と違い、男女で対処がわかれるのがワキ毛です。
ワキ毛をそのままにしている女性は少ないですが、男性はワキ毛をほとんど処理しない方ばかりです。
これには実は思わぬ弊害があります。
一般的に夏場などはだれでも体臭が気になるものですね。
体臭は毛の根元から出る汗に含まれるアブラなどに雑菌が繁殖して異臭になることがありますが、その時にワキ毛があると、匂いが悪化するようです。
個人的な経験則ですが、ワキ毛がある場合はニオイのもとになる汗が毛に絡んで広がりやすくなり、悪臭を撒き散らすようになります。
汗の消臭スプレーを使用する場合も、毛がある場合はスプレーが全体に浸透しにくいと感じます。
ワキ毛を全て処理するのはなんとなく気が引ける男性は多いかもしれませんが、私は必ずワキ毛を整えるようにしています。

 

私はわきの無駄毛を剃刀で処理していました

私はわき毛の無駄毛が濃いのが悩みです。冬などはわきを見せる機会が無いので良いのですが、

 

夏になると袖の無い服を着ることもあるのでわき毛を毎日のように処理しなくてはならないのです。

 

私が今まで行っていた処理方法は剃刀で剃ることです。使用している剃刀はなるべく質の高いものを選び、

 

綺麗に剃れるように努力していました。

 

しかし、それでも剃り残しはあります。一度友人に指摘されたときはとても恥ずかしくて泣きそうになってしまいました

 

また、剃刀だと肌を傷つけてしまうことがあるのであまり良くないと思っていました。

 

そこで今度脱毛に行くことにしました。脱毛専門のエステで、友人もここで脱毛をしたそうです。

 

わき毛を脱毛して早くこの悩みから解放されたいと思っています。